2019/04/21 イースター礼拝

宣教: 死に勝利されたキリスト
聖書: ルカによる福音書24章1-12節

「人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている、と言われたではないか。」ルカによる福音書24章7節

 週の初めの日、日曜日に婦人たちは敬愛する今は亡きイエスへの最後の務めとして、その遺体に香料を塗るために墓へと急いだ。しかし、そこにイエスの亡骸はなく、神の栄光に輝くみ使いはイエスの復活宣言を彼女たちに告げた。イエスの死を思い起こし、偲ぶための世界で最初の墓参りの日は十字架で敗北されたイエスの死を嘆き悲しむのではなく、復活の勝利を祝う喜びとなったのです。この世に生を受けて、育まれ人間とされてゆく私たちは生きながらも常に死を身にまとっています。よって人間は積極的に夢や希望を心に抱きながら生きると同時に、死に対する準備も備えてゆかなくてはなりません。神は御子イエス・キリストによってその死を滅ぼされました。神は罪の結果の滅びとしての死を人間に与えられましたが、その死の内に神は憐れみと情熱的な愛をもって新しい生命を生みだされたのです。神様は私たちが滅ぶのではなく、救われて、創造主なる神を賛美しながら永遠に生きることを望まれたのです。「人の子は十字架につけられて死に、三日目に復活する」、このイエス様の宣言を私たちが自分の心の中心に置くのであれば、人生は必ず明るく希望あるものとされてゆきます。イエス様のご復活を心より感謝いたします。牧師 山本龍一郎