教会歴史館

1889年(明治22年)、米国南部バプテスト連盟よりマコーラム宣教師、ブランソン宣教師が横浜に上陸しました。その後、相ついで多くの宣教師が派遣されて、布教活動に尽力しました。九州方面へ派遣された宣教師たちは建学の精神を具現化し、ミッションスクールと講義所(教会の前身)を両輪として福音宣教に励みました。近代化に勢いづく当時の日本社会の急速に変化に対する人々の期待と不安が入り混じる中で教会は神に造られた人間が生きるべき道と、神の大いなる目的を聖書から語り続けました。「教会歴史館」のコーナーでは、これまで小倉教会が歩んで参りました教会史を時系列で順にご紹介していきます。

押しせてくる幾つもの困難の中においても前進し続けた教会の実相を知ることができます。(画像をクリックしますと閲覧できます)

1968年12月1日に教会設立65年記念として発行された「ましみず」をPDFファイル(2.75MB)で公開いたします。小倉教会 諸先輩方の信仰の姿を窺い知ることができます。(※)PDFファイルをご覧になるためには閲覧するためのソフトが必要です。
1958年より10年にわたり、小倉教会の牧師を務められた金子純雄氏によって著された「石叫ぶべし」をPDFファイル(1.84MB)で公開いたします。礼拝で語られた数々のメッセージが記録されています。(※)PDFファイルをご覧になるためには閲覧するためのソフトが必要です。