日本バプテスト連盟

 1889年(明治22年)、米国南部バプテスト連盟よりマコーラム宣教師、ブランソン宣教師が横浜に上陸しました。それを皮切りに多くの宣教師が西日本方面へ派遣され、伝道は活発化しました。1903年には西部組合が結成され、当教会も組合のために尽力しました。その後、第二次世界大戦勃発の機運が高まり、1938年に国によって国家総動員法が制定され、西部組合は日本基督教団に収斂されます。敗戦後、1947年4月にE.Bドージャー宣教師の呼びかけにより、16教会が福岡・西南学院教会に集まり、連盟結成総会を開催、日本バプテスト連盟が結成されました。当教会は、その16教会の内の1教会です。